RSSリーダー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
雨トキドキ不思議



冬によく蒸してもらった、張々湖飯店自慢の手作り肉まんたちは、毎回こんな気分だったのかもしれないな、と思う。


ーーー蒸し器に入れられた日本列島は、秋にやっと食べらごろになるのかな?


密やかな笑みを顔に忍ばせて、手に持っている封筒が汗に濡れないことだけを気をつけながら歩き続けた。

熱射地獄と化すアスファルトでキチンと整備された道路。空気が歪んで視界に映る街が微妙に歪んで見えて、街の雑踏もどこかいつもよりも反響が大きい気がした。

まぶしすぎて見上げることが叶わない空を、細めた視界の先にある小さく囲われたビルの合間に観る。
塗りつぶしたような青が、詰まっていた。







目的地である雑居ビルへと辿り着き、冷房の効いた室内でほっと一息つくと、背中に掻いていたらしい汗を染みこまえたTシャツに体温が奪われていく。
温度さに少し足がふらついた。

受付の警備員にビルに入った目的を短く伝えたながら、メールに添付されていた紹介文を手に持っていた茶封筒から出した。
カタカタと小刻みに揺れる粗大ゴミから拾ってきたようなダイニングテーブルっぽい机に置く。
紙の中の文を一瞥した後、警備員は私物と思われる携帯電話をどこからか取り出した。

「少し待っていてくれ」

酒やけした声で言われる。





ダイニングテーブルだっただろう受付用のテーブルから離れた体は、古いデザインの自販機前に立つことで体裁を保つ。
視線は並ぶジュース類へ。

飲みたいようで、これといって飲みたいモノがない。
紙パックオンリー販売の自販機は、飲めそうなコーヒー牛乳が売り切れ中。
牛乳は品切れ中。
残るはバナナオーレ、いちごオーレ、飲むヨーグルトに、ちょっと怪しい抹茶ミルクオーレ新発売。

「もしもし、・・はいはい。・・・若いお客さんだよ」

観られるだけ観られて、結局なにひとつ買ってもらえなかった自販機が抗議するようにヴーンと唸った。






日差しに熱された髪がジンワリと室内の空気に馴染んだころになってやっと、呼び出してもらった相手が現れる。
クールビズが普及されつつある日本のサラリーマン社会だけれど、現れた男はその最先端を良く姿だった。

「いやいやいやいやいやあああ!スンマセンなあ!お待たせいたしましたっ」

白地に赤のハイビスカス模様のシャツに短パン+ビーチサンダルに微妙な関西訛り。

「よお、持ってきてくれたな、ご苦労さん」

正直に”驚きました”の顔を載せる訪問者にたいして一向に構うことなく、応接セット一つない雑居ビル1階の入り口、エントランスの小さな空間で話しを進めていった。
観客は警備員。
舞台セットは自販機(紙パックオンリー)とプラスティックの観葉植物。

「・・・伝統というか、先代からの方針でしてねえ、堪忍してや」

インターネットが一般家庭にも普及して久しいこのご時世に、原稿の受付は手書きの原稿用紙のみ。を、徹底させる出版社は珍しい。
大学生あたりだろうか、と、視線で値踏みしつつ手渡された原稿をその場で封筒から取り出した。

「ちょっと斜めってるけど素直な字やね」
「あ、・・ありがとうございます」

アロハシャツ(っぽい)男が務めている出版社は、この世のありとあらゆる”不思議”を集めた季刊誌を出している。
正しくは、経営できていること自体がこの世の七不思議にはいる出版社が唯一出している、季刊誌だ。

「よう書けとるわ」
「どうも、・・」
「これやったら十分や。原稿用紙・・20x20の・・1,2,3,・・・おおっと、君はこれが初めてやったか?」
「ええっと・・このお話をいただく前は・・はがきで投函させてもらったんですが」
「そやそや!はがきでやったな」

自分が描き上げた原稿を買い取ってもらう。
初めてのことなので、青年はただただ成り行きを見守るしかできない。

「契約している書き手さんしか振込みしいひんねん、聞いてるか?」
「いえ、電話では何も・・・」
「さよか。じゃあ今言っとくは、持ち込みしたらみんな生や」
「生?」

生と聞いて思い浮かぶのは、ビールジョッキの絵面。

「生、現生、キャッシュや」
「ああ!・・・・」
「1万と2千円ってところやけれど、ええもん書いとるから、今日は1万と5千円にしとくわ」
「え?・・・いいんですか?」
「かまへん、かまへん、もらっとき」

原稿用紙を封筒にしまい、小脇に挟んだ後、男はアロハシャツの胸ポケットから薄い二つ折りの財布を取り出した。

「んー・・・兄ちゃんお釣りもってるか?」
「は?」
「万札しかあらへん」
「あ、は、・・はい」
「んじゃあ、5千円戻して」


青年は慌てた様子でジーンズの尻ポケットから財布を取り出し、五千円札を取り出し、2万円を受け取ってそれを渡した。


「また書けたら電話してな」
「は、はいっ」
「慌てんでええから、”本物”を見つけてきぃや」


男はじっと青年を見た。
青年は財布を元に戻してから、ゆっくりと頷いた。


「ありがとうございました」
「きぃつけて帰り、・・もうすぐ雨が降るで」

言われた言葉に反射してビルの薄汚れた入り口のドアへと振り向いた。


ーーー雨?


「雨の臭いがしとるわ」と言いながら、警備員に対して片手で挨拶をしてエレベータのないビルの、階段を面倒くさそうに上がって行く。

「明智さんの天気予報は当たるよ」

ドアから視線を戻して、その姿が見えなくなるまで見上げていた青年に声をかけたのは、二人のやり取りを何気なく観察していた警備員だった。

「鼻が効く人だからね」







一歩ビルを出た瞬間に息苦しく思うほどの湿気に襲われる。

暑さはビルに入る前よりも増していた。
緊張していた思考が熱と科学反応をおこして浮き上がっているような、無重力感覚に翻弄される。
無重力のようにふわふわした思考なのに、歩いてきた道を戻るのが面倒臭い。躯はふわふわする思考と相反して一歩進むごとに重くなるからだ。
火傷しそうなほどに熱いはずだと、決めつけているアスファルトの上に足を賢明に交互に前へと出しながら、行きしなには目もくれなかった店を物色する。

咬み合わない躯と思考のバランスを取るにはちょうどよいお題だった。

冷たいものなら、邸近くの駅周りで購入した方がいい。
アイスクリームを無事に持ち帰る自身はさすがにないから、却下する。

この暑さの中でケーキを持ち歩いて大丈夫だろうか?
それよりもシュークリームやエクレアがいいかも。

ゼリーの方が好まれるかな。

水ようかん、わらび餅、あんみつ。
和ものスイーツはどうだろう。





街の活性化は駅周りから。と、いうフレーズはどこで覚えたのだろう。
賑やかな繁華街の中。
左右に視線を振って歩いていれば規則正しく交互に出していた足の動きが当然鈍る。


「?」


加速、した覚えはない。

青年の周りを歩いていた、動いていた、世界が一瞬、ニブル。


トマル。







「あ。」





突然、指先をつかった衝撃。
トン!と、肩を叩かれて振り返る。


暑さによろけたようにバランスが崩れた。
自分の背後を歩く人間に気を配れる余裕はなく、不意をつかれた。
振り返った方角に、シャツを丸く濡らしたシミ。


ーーー雨だ。







小さな悲鳴。
驚きの声。



雨音と目が写している風景とがかみ合っていなかった。
濡れて染まっていくアスファルトが叙々に近づいてくるけれど、雨音は耳朶の舌にぶら下がっているように激しい。

激しい雨音に混じった突然の雨に翻弄される人々の声と、足音。


「まいったなあ」




駅前の小さな書店の入り口に並べられている雑誌たちの中に、それを見つけた。
片隅で日焼けしてしまった表紙の写真と使い古された煽り文句、「宇宙人は存在する!」の、インパクトの無さに、これは自分が買ってあげなければ、と思うしかなかった。
日焼けした雑誌は何年ものか?と、アンティークなモノに対するワクワク感で読み進めると、それが今年の秋に出版された最新号であることに、驚いた。
投函したのは、ほんの暇つぶしと、自分が経験した”不思議”をどこかの誰かに伝えたいという、秘密の共有者を求めた好奇心、だった。




「次、何が書けるかな」



アスファルトを跳ねる雨よりも高く、新米投稿記者、島村ジョーのこころは弾んだ。




















***

「傘を忘れていったのにはきづいていたわ・・」

パンツのゴムまでしっかり濡れた姿で苦笑い。

「雨が降るから持って行って言ったわよね?朝、私」
「うん」

フランソワーズの口から吐き出された息に含まれる熱は、少しばかり怒っているせいだ。

「タクシーを拾わなかったの?」
「うん」
「どうして?」
「うーん・・・」
「加速しなかったの?」
「うん」

薄暗い玄関を明るく照らす照明が眩しい。

「もうっ・・取材先で困らないようにって、せっかく博士がご用意してくださったのに、たくさん!」
「うん」

出会いは、嘘のような本当。
妖怪、宇宙人、超常現象、エトセトラ、エトセトラ。

「タオル、持ってくるからそこにいてちょうだい。靴下もジーンズもここで抜いじゃってね、廊下が濡れちゃうわ」
「うん」
「・・もお・・・困った人なんだから」

雨足が強くなってきている音が空洞のように人気のない邸の中を走る。
去っていった足音が、戻ってくるのを聞きながら、いつも留守番をしていてくれるフランソワーズへのお土産を買いそこねたことを思い出した。

「ごめん、また何もないんだ・・」

多すぎるほどのタオルを手に玄関へと戻ってきたフランソワーズへ、眉を下げて謝った。

「あるでしょう?」

手に持っていた一番大きなタオルでジョーを頭からすっぽりと包む。

「?」

いままで乾燥機にかけていた、と思わずにはいられないほどに、温かい。匂いがいい。

「どんな不思議とであったの?」

タオル越しにのぞかせたジョーの瞳が、嬉しそうだ。

「・・・あのね、」
「まって、まって・・先に靴下とジーンズ!このままじゃ風邪をひいてしまうわ!」













end.











スポンサーサイト
web拍手 by FC2
Little by Little・28
(28)




<・・・了解、した>


009、こと、島村ジョーからの脳波通信を通した返答を受け取ったグレートは、淡々と荷造を進める当麻を、近くにあったデスクチェアに腰を下ろして眺めていた。
手伝おうか?と、声をかけたが断られたのでそうしている。
独りにしておいた方がいいようにも思えたが、今後のことを話し合っておきたい思いから、部屋から出ないでいた。

失恋した、だけのの問題でここ、00メンバーが住む邸をを出ていく。
事は単純そうに思えたが、そうではない。

彼にはここを出ていってしまえば、帰る場所などないのだから。
夏休み明け、9月から始まる高校(寮)生活が始まってしまえば、とも思えたが、当麻はすでに高校3年性。

ここを出ていく、と言った彼の口からはまだ次の行き先を聞けてはいない。





保護者である篠原さえこは、現在篠原グループの70%を仕切っている。
篠原当麻が高校を卒業するまでの間に、さえこ自身が関わったプロジェクと月見里学院以外からは手を引く手続きをしているが、世界の経済状況が傾きつつあり、傾きに引きづられはじめている日本の今の現状では難しいようだった。
彼女が口にしていた予定が狂い始めているのは確かで、プライベート(当麻)のことも手が回らなくなっている。

祖父・篠原秀顕の名前の下で動いていた自由さが叙々に失われていく中、さえこは”篠原”の名前に飲み込まれていた。足掻けば足掻くほどに、砂に足を取られて動けなくなっていっていることを、グレートは感じている。

篠原秀顕がいなくなった穴の大きさを一番感じているのは、さえこと、今グレートの目の前にいる、18歳になる青年だ。
さえこも薄々は予測していたかもしれない。
今の状況を。

だから、敢えて養子縁組を言い出したのだろう。
飲み込まれてしまうことがわかっている自分を、盾にして。


当麻を守るための安全な引き取り手としてあげた、彼の祖父母(実母・小石川美涼の実家)。
その間を取り持っていた弁護士から連絡がいっこうに入ってこない。
当麻と祖父母を引きあわせ、9月の入寮までに養子縁組させる話しは頓挫しているようだ。

どこで頓挫しているのかは把握していない。
「手を出すな」と009に言われているので、グレートは情報を入れないように耳を塞いでいる。


識っていることは、資料として必要最低限の情報のみ。

当麻の養子先となる家、小石川美涼には年が離れた妹が2人いる。
彼女とは異父姉妹になる妹たちは結婚し、家を出ている。それぞれに子どもが居た。
当麻にとって彼女たちは叔母であり、従兄弟たちにあたる。

平凡で幸せな老夫婦といった印象をグレートは資料として得た書類や写真に目を通して感じていた。
今更になって、なくなった娘に子どもがいましたと言われ、それだけならまだしも、養子として引き取って欲しいと願われたら。

当麻のためを思って、さえこが提示した金額は平均的サラリーマンの年収から考えて、宝くじを引き当てたとしか思えない額だ。
金額に問題がないとすれば、感情面だ。
頓挫する理由があるということは、たとえ迎え入れられても当麻が何も問題なく過ごせる保証は少なからず、期待できない。




ーーー本当にこれでいいのだろうか。

00メンバーの手(001)を入れれば養子縁組問題など、簡単に進められるがそれはしないと009が決めた。
どのレベルまで介入するべきか、否か、線引きが難しい。


関われば係るほどに私情が絡み、複雑になる関係図。
一度関わってしまったからには、それ相応の責任がある。






責任/証拠。



009は。
007からみた009は、自然。

普遍的な見方で物事を考える。
彼の生い立ちがそうさせたのか、生まれ持った価値観なのか。

彼の広げられた腕の中は広すぎて、その広大さに・・・凡人は翻弄されてしまう。



「忘れちまうかい?」
「え?」
「いっそ、パーっと・・・全部を忘れて、新しく生まれ変わるっていう手も・・あるんだ」


深くを吸い込み、一気に吐き出した。
その勢いにのってデスクチェアから立ち上がったグレートは、ベッドの上に並べた衣類を畳んでいた当麻の背中をバン!と叩いた。


「これは逃げじゃない。・・・・逃げることになんてならない、篠原当麻であって、いや・・今までの当麻から脱皮するんだ」
「?」
「張大人と我輩は、・・・凡人ゆえに、簡単で単純な、D方式と呼ばれる結末を望むのさ」












####



瞼が重たく感じたことを頭痛のせいだと思った瞬間に、フランソワーズは横たえていた躯を跳ねさせた。
飛び起きたベッドの上は、一人。

飛び起きた拍子で躯を覆っていた掛け布団が落ちる。晒された空気に自分が何も見につけていない状態であることを再認識する。
重たい瞼は上がりきらず、濁った視界で部屋の様子をうかがった。上半身、肌を晒したままで呆然と閉じられている部屋のドアを見つめる。

眼の焦点を合せる感覚。
人差し指を鼻筋に合わせて一本立てて、寄り目を作るような意識をすれば、見えてくる。

ドア向うに立つ、人の姿。









####




<・・・了解、した>





リビングで寝てしまっていたジョーは、促されてバスルームへむかった。
部屋から着替えをもってきてくれた張大人へドア越しに礼を言う。


「それから・・・」


張大人の気配を脱衣所と風呂場を仕切る、スライド式曇りガラスのドア越しに感じながら、グレートからの通信内容を手短に伝えた。


「篠原当麻が近日中に、・・ここを出ていく。新学期までとのさえこさんとの約束だったけれど、本人の意思を尊重したいと思う」


タイルを叩く水音にまじり、風呂場の独特な反響にジョーの声が滲む。


「アイアイ。了解したアルよ・・・。ジョー」
「・・・なんだい?」


ドア側に背を向けていたジョーが振り返った。
目に映るのは、張大人らしき人の影。


「・・・本当に消さないアルか?」


シャワーの音に流されてしまいそうな、小さな声にジョーは耳をすませた。


「話しあったことアルが・・、まだ納得しきれていないトコロあるね」


右肩で浴びていた湯を移動させて頭のてっぺんから浴びる。
湯に濡れた髪が顔を多い、耳を塞ぐ。


「知ってるよ」


それでも、しっかりと張大人の声はジョーの耳に届いている。


「・・、もう一度、話し合いたいネ」


一文字に結んでいた、ジョーの口の端がゆっくりと上がった。


「大人」


一般家庭の平均サイズよりもずっと広い、日本式の風呂場。
自慢はジェロニモが足を伸ばしてゆったりと肩まで使っても余裕のある湯船。
太もも中央あたりにある銀の取っ手をひねり、シャワーの湯を止める。ジョーをつつむ湯けむりが、ゆったりと移動した。


「何度話し合っても、僕の結論は変わらない。・・・話し合うのは、かまわないけれど、・・・・」


湯張りされた湯船の温度は42度。
腰をかがめて、ゆっくりと左足から湯船に入り、身を沈めた。
湯張りが面倒だと言い出したのは、誰だったかジョーは覚えていない。いつの間にか24時間湯張り状態を維持するための循環機能がつけられていた。


「僕の出した結論を覆すだけの、みんなが賛同できる内容を提示できるなら、・・・あと一度、ミーティングを開いてもかまわない」


一度、邸の温水機器が壊れたことがある。
朝にシャワーを浴びることを日課にしていたフランソワーズの、その日の不機嫌さを思い出す。


「・・・」


ドア向うに立っていた張大人の姿が消えていた。


<みんなに報告がある。>


顎先まで浸ったのち、勢いよく湯に潜り込んだ。










####

瞼が重たく感じたことを頭痛のせいだと思った瞬間に、フランソワーズは横たえていた躯を跳ねさせた。
飛び起きたベッドの上は、一人。


<みんなに報告がある。>


飛び起きた拍子で躯を覆っていた掛け布団が落ちた。晒された空気に自分が何も見につけていない状態であることを再認識する。
重たい瞼は上がりきらず、濁った視界で部屋の様子をうかがった。上半身、肌を晒したままで呆然と閉じられている部屋のドアを見つめた。


<・・・007から、篠原当麻が近日中にここを出ていくとの報告があった。彼の意思を尊重し、許可した。彼にたいしての記憶改竄は話し合ったとおり、おこなわない。日程は未定。篠原さえこへの連絡や、その他のことは007に一任する。007、篠原当麻の警護と行動をサポートし、報告すること。以上>



眼の焦点を合せる感覚。
人差し指を鼻筋に合わせて一本立てて、寄り目を作るような意識をすれば、見えてくる。


<008、了解。彼が出ていくことに異論はないよ。・・・・一応はね>


オープンチャンネルの会話が脳に響く。


<007。ぼっちゃんの後のことは、・・・・任せてくれや>


ドア向うに立つ、人の姿。
耳に届いた、ドアをノックする音と、その動き。


<006アル。・・・了解、ね。>
<004、了解した。>


004の後に、間が空いた。
001,は夜の時間。002と005は地下でメンテナンス中。脳波通信回線がOFF状態でいるはずだ。


<003、>


残るは、フランソワーズの返事。




<・・・フランソワーズ?>


頭の中で声が聞こえる。


「zっ了解・・・」


当たり前のことだ、脳波通信を使っているのだから。
しかし、今のフランソワーズは寝ぼけているせいなのか、慌てているせいなのか、声に出して返事をした。


「口に出したって聞こえねーっつーの」


ドア越しに、誂うような声が響いた。



<こちら、002!003の分も了解!>











===29へと続く。



















2さんメンテルームから脱走?!
web拍手 by FC2
モーション



歩いていた。
003が009の前を、歩いていた。

足音もなく静かにあるく彼女の周りを戯れるように揺れる、長い黄色。
003の後ろ姿を見ながら、彼女に声をかけることもなく、009も歩く。

声をかけたらいい。
呼び止めようと、する。

でも、声が出ない。

いつもと様子の違う、003らしくない冷たい後ろ姿。

009は声をかけるタイミングが、言葉が、わからない。
顎下辺りが、奥歯を噛み締めているわけでもないのに、筋肉がつったような感じがする。
普段は意識することのない、喉仏の動きが気になった。



009の前を、歩く003。
003の後ろを歩く、009。




一定の距離を空けて、003の歩幅とペースに合わせ。
限りある短い通路を歩く。

ふと、足を止めた。
003が、足を止めた。
009は、そのまま歩き続けた。

距離が縮まる。


003が、振り返ろうとする。
009の方へ向かって、003の肩にかかる亜麻色の髪が大きくスイングした。

009は大きく歩幅を広げた。
利き腕を伸ばし、躯を003の左側へずらした。

003の瞳が、009を捕らえる前に触れる。
声を、かけることもなく触れる肩。


009の手の甲をくすぐる亜麻色の髪。
見開いた青に、微笑みかける余裕なく。


















冷たい、赤いくちびるにk.i.s.s.






















前置きのない、キス。



重ねて、009は3秒カウントした。






009の前を歩いていた、003は、009に追い越された。
003は、いつもの遠慮ない早い歩調で自分を追い抜いていく、009の後ろ姿をみていた。

優しい栗色の、くせっ毛が揺れている。
黄色のマフラーが優雅に009の後を追う。




003の、通路に立ち止まった膝が少し震えていた。



「もう・・・、ジョーったら・・」



重ねられたくちびるから伝わる、009の不器用な優しさに。


アナタが好きよ、と頬を染めた。









end.











*どんな言葉よりも効果絶大。
web拍手 by FC2
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。