RSSリーダー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
Le coup de foudre
こちらは2010年8月にブログトップに出てしまった広告を避けるためにUPした記事です。
このたび、少し手を加えまして「ショートの方へと移動」いたしました。
初出/8.26.2010










「サイボーグでも、疲れるんだ・・」


思わずつぶやいた言葉に反応したのは、近くにいた1人の女の子だった。


「…009?」


ブラックなんちゃらと言う、僕をサイボーグとして改造した悪の組織?
・・・から、奪取した。

わけの分からない状態で、空も海も(もしかしたら地上も?)移動可能な、まるで去年公開されて一代ブームを起こしたSF映画に出てくるような、戦闘機の中に僕は居た。


ーーーそうだ、まるで映画っぽい。


残念ながら、僕の腰にあるものはビームサーベルじゃなくてレーガンと呼ばれる銃だけれど。
どうせ僕は、剣道とかフェンシングの経験なんかないから銃でヨカッタかもしない。

本格的に銃は習ったことはないけれど、夜店の射的は得意だった。
BBガンの経験が本物の銃に活かされるのかどうかは判断できない。



「・・・疲れた、の?」


射的の的は動かないし、逆に攻撃なんてしてこないから。


「あ・・、う・・うん、す、少し」


肩くらいにまで伸びた、何色といっていいのか・・、蜂蜜色でいいのか。
そんな髪色をした、同じユニフォーム?
...を着た女の子が、コクピットのドア口に立つ僕へと振り返った。


ーーーアニメで観た乗り物的に、あの位置は指令席でいいのかな?


コクピット中央に位置するちょっと他の場所よりも高い位置にあり、座り心地が良さそうな作りの椅子が置かれている。その場所に座っている、ギルモア博士さ・・ん?の、隣に、赤ん坊の超能力者を抱っこしている、女の子。


「仕方あるまいて。・・・躯は改造されたといえど、精神的な疲労はやむえんことじゃ」


確か、彼女は3番。


ーーーぜろ...ゼロ、スリー。


その、3番より数秒遅れて僕へと座っている指令席の椅子ごと振り返ったギルモア博士・・さん。


「初めての戦闘に、まあ、すべてが初めてづくし・・・だったからな、まだ、・・・現実に感じられないか?」


3番の女の子とは、ギルモア博士を挟んだ左右対称の位置に立つ・・左手がみるからに”機会”の、彼女の次の番号の、人。


ーーーゼロゼロ、…フォー。


「それでもアレだけの戦いができたんだから、さすがだね」


指令席からみて、右手側で何かをしている、僕の一個前の8番が、首だけをあおって僕にウィンクと白い歯をにっかりと笑ってみせた。


ーーー彼は、ゼロゼロ、エイト。


「アイヤー、それなら少しお腹に何か入れてみるいいアルさんすー!キッチン見てくるあるよ」
「・・・003、適当な部屋に連れていって休ませてやれ」
「ちっ!最新型っつーのになよっちいな!」
「002、あの戦いっぷりが”なよっちい”ってそりゃないだろう?なあ、009」


次々に声が重なっていったと思えば、その場のこくビット内にいた全員の視線が、僕に集まった。


「・・・あ・・・・え・・ええっと・・」


ーーーどうしたら、いいんだろ・・う・・。


何かの言葉を期待されているのか、なんなのか。
...これと言った話題を振られたわけでもないので、なんとリアクションをとっていいものなのか。
戦闘よりも今のこの状態の方が、僕にとってはとってもきつい。


「はいはい、ちょっと通して欲しいあるよ!」
「あ。は、はい・・」


場の空気を僕からさらっと奪い取っていったのは、油を飲まなくても、ライターを使わなくても口から火ががぼおお!っと出せるゼロゼロシックス...さん、だった。
彼にたいしては、なんとなく同じアジア人ということで親しみを持った視線を送ることができる唯一の相手。
その、ゼロゼロシックスさんはコクピットから出て行く途中、僕の背中というよりも身長さのせいで腰あたりをぽんぽん。と、励ましてくれるようにたたいて出て行った。


「003、009を適当な部屋に連れていって休ませてくれ」


ゼロゼロシックス(さん)がコクビットから出て行くのを躯をねじって見送った僕の耳に、ひどく抑揚のない冷静な声が飛び込んでくる。



ーーー009、は・・・。ああ、僕のこと、・・だ。


「了解」
「いまのところ追っ手も撒けたみたいだからな。・・・順番に休憩を入れていこう、まずは003と009からということで、いいですか?博士」
「ああ、そうしよう。・・・フランソワーズ、イワンは儂が」
「はい、博士」


---ふらん・・そ。・・・・え?


聞き慣れていない単語が耳をくすぐった。
眼の前で、肩よりも少し長い髪の女の子が抱いていた赤ちゃん、001をギルモワ博士(ギルモア?)さ・ん。に、抱き渡した。

「ミルクもお願いしときましょうね」と、出て行ったゼロゼロシックスをさして、にっこりと003の彼女が001に話しかけた。


その後に、僕へと振り返って。
こくりと首を愛らしく傾けた。


「009、行きましょう」


その仕草が、ずうっと前に施設のみんなで大切に育っていたカナリアの、僕を見て嬉しそうに鳴いてくれる前の、動きによく似ていた。


---ああ、なんだか・・・なんだか熱いなあ・・・。首周りもなんだか・・さっきよりもきつい。


僕は首とマフラーの間に手を突っ込んで、息苦しさから解放されようと黄色のそれをぐっとひっぱった。
息苦しさはまるで変わらない。
今度は心臓がマラソン中でもないのに、ばくばくと大きな音を立てはじめた。
この息苦しさに反応して、足りない酸素をもっと!訴えている。


「009?」


いつの間にか僕の隣に立って、コクピットのドアを開けるためにセンサーパネルに手を伸ばしていた彼女の顔が、僕の予想に反した近すぎる距離にあった。


「うわ!」


びっくりして彼女から距離を取ろうと跳ね上がった。
近くの壁にどん!とぶつかってそこから跳ね返った衝撃で前のめりに膝をついて転ぶという失態。


「009?!」
「あ、ええっ・・と、だ、大丈夫だよ、大丈夫だから・・はは、・・あはははは」


びっくりした僕に、びっくりした彼女が僕を助け起こしてくれようと、膝をついた。














優しく僕の肩に添えられた手が、なにか魔法をかけたに違いない。




















そのときの様子を、客観的にみていた、006以外のみんなから後にイヤというほど聞かされる事になる。

見られていた位置の違いのせいなのか。
それぞれの主観が入っていたせいなのか。
それとも個々の性格故か、表現力の差か。


同じ場面を語っていると言うのにもかかわらず、みんながみんな、面白いように違った。
ただ1つ、みんなの話しに共通点があるとしたら。


『ああ、こいつ003に惚れたな』と、口を揃えて、あのときこそ僕がフランソワーズに恋に堕ちたときだ。と、言う。






僕はフランソワーズがその場にいないことを確認してから、みんなの耳元でささやく。


「残念、違うんだよ・・。あのときじゃないんだ、たしかに意識しはじめたのは、あのときからかもしれないけれど・・・」







みんなの視線があのときのように僕へと集まる。

じゃあ、いったいいつなんだ?と問いかけてくる視線に、口元がほころぶ。






















「一目惚れってやつさ」



END.











***
「Le coup de foudre」=フランス語で「一目惚れ」に近い言葉だそうです。
直訳になると「雷の一撃」だとか。



スポンサーサイト
web拍手 by FC2
the best in the word the number one in the world




「003は、あっちへ」


9番目になった仲間は遠慮がちに仲間の一人にむかって指をさした。


「?」


ミッション遂行のためにドルフィンへは戻らず、乾燥しきった風にさらさらと舞う砂地で夜を明かすことになった、今。


「003はあっちへ‥.」


009は、指差して003に言ったのだった。


「009、どういうこと?」


仲間たちとは少し離れた小さな岩場の影に、どこで見つけてきたのか、そして、いつそんな場所に用意したのか。
長方形の黄色い布1枚がシワひとつない状態で砂の上に敷かれていた。


「だって・・・さ」


こんなことは初めてだった。


「女の子だし?」


今まで一度だって。
サイボーグ化されて以来、戦闘の場において一度だって”女の子”扱いなどされたことはない。


「…」
「思ったんだ、野郎ばっかりのところで休むなんて、さ・・・やっぱり、なんていうか…」


009の003に対する気遣いに、他の仲間たちはニヤニヤとした笑みを浮かべるだけだった。


「…009」


仲間になって日の浅い009はずっと考えていてくれたことなのだろうか。


「大丈夫、この距離なら僕の加速装置があるかぎり、問題ないよ」


無言でじっと自分を見つめる003の表情から、ほんの少しの距離でも離れことが不安であると読み取ったようだ。


「もう・・」


胸いっぱいに、乾燥した冷めたい空気を吸いこんだ003。
こみ上げてくる熱を我慢するには十分に効果があった。


「もうっ!009ったら!!なあに?私だけ仲間はずれにしちゃうのっ?!」


003は頬をめいっぱいに膨らませてみせた。
怒っているの!をポーズで観て分かるように、両の手を腰に当ててさえもした。


「いや・・そうじゃなくって、これくらいの距離なら離れていても安全だし・・・だって、その・・」


003はずいっと大きく一歩を踏み出し、お互いの息が触れ合う距離にまで顔を近づけた。


「ふっ・・ふらんそわー・・・ず・・?」


不意に、彼女がフランス人であるがために受けた抱擁以来の近さまで顔が近づいてきた。
真正面に見据えられた彼女の瞳に動揺する自分の顔が写り込んでいる。


「わかったわ、ジョー」


009は、息を止めてしまっていた。
自分の声発したで揺れた009の前髪を見つめ、彼がごくりと喉を鳴らしたことを合図に、フランソワーズは軽やかなステップを踏んでジョーの隣へと移動した。


「?!」


ジョーの腕に絡まるぬくもり。


「今日は私、ぴったりとアナタの隣で休むことにするわ!」
「はっぃ?!」
「ちょっとだって、私だけ離れるなんて嫌よ・・・それでアナタが私が女の子で野郎ばかり云々と心配してくださるなら、ね?そんなアナタの隣が一番安全ってことではなくて?」
「えっ?!」
「なによりも、最新型の地上最強のサイボーグ009の隣で休むのだわ。この地球上で一番安全な場所といえば、アナタのここ、隣よね?」
「ええ?!ちょ・・ちょっとまってよ、フランソワーズっ」
「なあに?」


ーーー僕だって、ちゃんとした男なんだよっ。


不純物のない、冴え切った青にむかっていう言葉だろうか。

自分が今、男なんだと主張して何の意味があるのだろう。いや、意味はある。あるからこそ、彼女を自分たちと少し距離をあけて休ませようとしたのだ。

逡巡した思考の中で青を濁らせないような答えが見つからず、フランソワーズが3回目の瞬きをする前に。


「…なんでも、ないよ」


なにもない、ふりをした。


「じゃ、決まりねvせっかく用意してくれたのだけれど・・・アナタのマフラー、こちらへもってきてもいい?」
「‥うん」


ぴったりジョーに寄添ってその日は休む事にしたフランソワーズは、頬をバラ色に染めて安心しきった様子で眠りについた。
そうなることを狙ってたんじゃないのか?と、口には一切出さず、見て見ぬふりを貫いている仲間たちだが、ときおりジョーへと投げかけてくる冷やかしの視線が聞いてくる。

軽やかに甘い寝息と少し身をよじれば触れてしまうぬくもりを隣りで守りつつ、胸底からふわりと浮かんだ綿毛のような淡い…言葉に形容しがたい感情が漂う。

喉奥にたまるばかりのそれを、ゴクリと飲み込むと淡い綿毛のようなものが、ずしっと重くなり下腹部へと落ちる。
痛みではなく与えられるのは落ち着かないむず痒さ。



ーーーああ、・・・僕はサイボーグになっていても、・・ちゃんと・・・やっぱり、・・。


躯をいくら改造しても、こころは何一つ、以前とかわらない僕なんだ、と妙なことで確信を得てしまった。
隣りで眠る、可憐な女の子のせいで。


「・・・」


はあ、っと遠慮がちに吐いたため息に、反応したのは数粒の砂。


「・・・」


こころは何一つ変わっていないのなら、今ここにある気持ちは嘘偽りなく自分の、島村ジョーのもの。


「・・・どうしよう」


世界で一番安全な場所で守っている彼女は実は、世界で一番危険な場所にいることになったようで。
はあ、と再び吐き出したジョーのため息に、くくくっと仲間の誰かの忍び笑いが聞こえた。













end.






*このお話は「ヨミに咲く花の種」にあった妄想種のお話に加筆しています。
web拍手 by FC2
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。