RSSリーダー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
僕=キミ
「珈琲飲む?」
って訊いても何も答えないから、自分の分だけ用意する。

けれど、いつの間にか私のマグは、彼の手の中。
全部、彼に飲まれてしまった。

あらら。また取られちゃった。


こういうことが沢山ある。

私の紅茶。
私のエプロン。
私のフォーク。
私のクッキー。

私のボールペン。
私のお茶碗。
私の本。
私の携帯。

私のコップ。
私のシーツ。
私のお箸。
私のタオル。

私のキーホルダー。
私のパソコン。
私のキャンドル。
私のシャンプー。

私のベッド。
私のイス。
私の枕。
私の・・・・・




私のなのに。

全部、私専用なのよ?



「もう!ジョー、それ私のなの!」

全部飲まれてしまった
何もないってないお気に入りのマグ。

珈琲がそこにあったという温もりと
彼の唇があてられた痕だけが残ってる。


彼は 不思議そうな顔をして

「なに怒ってるの?」

「もう~、珈琲いるかってきいたら何も言わないから
ジョーの分、いれなかったのに結局私の飲んじゃうんだもの」

「?」

「今度から、ちゃんと言ってちょうだいね?
すぐ私のものを取っちゃうんだもん」

「?」

彼はわからない、と言いたげに首を横に傾けた。

「いっつも私のばっかり使うじゃない」

「・・・キミの?」

「そう!私の!」

「僕のだよ?」




キ ミ の も の は 、 ぜ ん ぶ 僕 の も の

僕の紅茶。
僕のエプロン。
僕のフォーク。
僕のクッキー。

僕のボールペン。
僕のお茶碗。
僕の本。
僕の携帯。

僕のコップ。
僕のシーツ。
僕のお箸。
僕のタオル。

僕のキーホルダー。
僕のパソコン。
僕のキャンドル。
僕のシャンプー。

僕のベッド。
僕のイス。
僕の枕。
僕の・・・・・


僕のフランソワーズ!

end.


・あとがき・
9が旧○ャイアン化!

思いつきです・・・
部屋片づけないと・・・(笑)
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。