RSSリーダー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
Guess who?
だーれだ?



夕陽色に染まった世界の中で、消えてしまいそうな彼を、捕まえた。

「だーれだ?」
「003」

”彼への殺気”もない自分の動きなど、気配を消したとしても意味がないと知っていながら私は今の私ではない私を彼から隠した。

「違うわ」

大海原にぽつりと浮かぶ・・・戦闘機の甲板の上。

「・・・じゃあ、誰かな?」

何処からともなく吹く風に、ただ揺らされている。

「誰かしら?」

私の冷たく・・・半分しか人らしい温もりのない手が、彼の視界を塞ぐ。

「・・・キミは誰かな?」
「あたしは・・・」


手を離すことなく、彼の背後からゆっくりと移動する。
今、自分達の足下にある戦闘機が、地球を半周するスピードよりもゆっくりと丁寧に。

「・・・003じゃない、キミは、誰だよ?」

掌に感じる、彼の睫毛が少し揺れた。

「・・・あたしは」


彼の前に立つ。
顔の上半分を、私の手が覆う彼の茜色に染まる顔を観る。

「・・・あなたの味方」
「僕の、味方?」
「そう・・・そして」
「そして?」


私は、そっと、彼の唇に。


「あなたを好きな、誰か」


自分のを、捺しつけた。


「僕を好きな・・・」





粘り気のある潮風が遠慮もなく通り抜ける。

「今は・・・」

急げといわんばかりの風に背を捺されて、早足に甲板を下りていった。

「・・まだフランソワ―ズには戻れないから」




僕の視界が解放された。
茜色の夕陽に染まる世界に、無防備に投げ出され、耳に残る・・・フランソワ―ズだった人の声と、唇に残る感触だけが、・・・僕が現実に此の世に生きているんだと感じさせてくれた。


僕の後を走り去る彼女は、僕の味方である、誰か。
その彼女は、僕を・・・好きでいてくれる。

その、誰かのために、生き残ったんだと思えれば・・・僕は生きて、生き延びて、・・・ここに居てもいいのかもしれないと、思えた。



「ありがとう、フランソワ―ズ」



燃える世界が落ちて行く。
・・・やがて、何もかもが闇色に塗りつぶされるだろう。


僕が進むべき道を、見失いそうになるときは、また。




”誰か”が


また。



「・・・いや、そうじゃないな。いつまでも彼女に慰められてばかりじゃ・・・」

強く力を込めて握り締めた拳を天高く突き上げる。
今まさに、広がろうとする闇に向って、一点の星のまたたきに誓うように。


「僕は、まだ、今は・・・009だ」




end.

web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。