RSSリーダー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
・・・成長中のしまむらさん
注)キリリクのお試し・練習用に書きました。
お話の内容につじつまが合わないことがあると思いますが。
気にしないでください!!
「大地くん・シリーズ」の香奈恵さん一人称
********************

島村ジョー。
彼は私の親友、フランソワーズの彼氏。
F3って言うところで国内レースに出場中。

私からみれば・・・顔だけの男。
まあ、見てくれだけで言えば、神様にgood job!
彼のご両親に「いい仕事しましたね~!!」と褒めたいぐらいだわ。

けど、何よあれ?
ただの優柔不断なへたれ男じゃない!

フランソワーズが自分のことを好きって知っておきながらフラフラと!
しかも、あんただってフランソワーズのことを好きなんでしょ?
彼女が同じレッスン生の男とスクールから出てきたときの、彼の顔なんて、まあ、母性の欠片さえない私でもちょっぴり胸がきゅうっと縮んでしまったわよ!柄にもなく!

たく、えらいもん作ってくれたわね~、神様も!
あんな瞳であんな顔で・・・切なげに見られたら、流石の私もひとたまりもありません!
要注意人物だわ!

危険よ!

ったく、フランソワーズも一体、この男のどこがいいのかしら?
・・・あまり深入りしてはいけないタイプよ、あれ。
女のカンってやつかしら?

危ないわ。

彼は多分、生まれ持ったものなんでしょうけれど・・・。
無意識にその使い方を知ってるんだわ。

フランソワーズが心配なのよ。
彼女に似合う男なんて、この世の中にごろごろ転がってるもの!
男なんて選びたい放題、選り取り見取りのフランソワーズがよりによって、あの男にぞっこんだなんて・・・この世の中上手くいかないものね~・・・。

この間、すったもんだの末に私的には納得できてないんだけど!2人はちゃんとお互いの気持ちを受け止め合って、晴れて”本当の”恋人同士になったんだけどさ~。

以前から”恋人”だったと言うけど・・・人前で彼です!って言えないんじゃあ、カウントされないのよ!

それにしても!
やることだけちゃっちゃと済ましてしまってたってどうよ?
それって・・・。

まあ、付き合う前からちょこちょこ(島村っちが!)手を出してたの知ってるけど!

そういう部分だけしっかりしてるっつーのが、昔は”遊んでた”と言い切ったヤツらしいっつーか。
ったく!!!フランソワーズもフランソワーズよ!!
な~んでそんなに簡単に許しちゃったわけ~?
男なんて、一度自分のものだって確認してしまったら、調子に乗っちゃうのよ!?
恋人同士になっても気を許しちゃいけないんだから!その辺の駆け引きは続いてるのよ!っく~~~~~~~~~!ちゃんと言っておかなかった私のミスだわ!

ああ・・・可愛い私のフランソワーズが・・・

少女のままではいられない~って、なんか歌があったわよね?


ま、いいとして。


でもちょっと、ビックリしたのよね。
この前、2ヶ月ぶりに”本当の”恋人同士となった2人にあったの・・・。

いつも微妙な距離だった2人の間が、ちゃんと恋人同士の距離になっていた。
フランソワーズはいつも通りキラキラと光ってたけど、島村っちがね。
・・・穏やかだった。
別に、それだけなのよ?
それだけなのに、とても安心した自分自身に驚いたわ!

寄り添うように立って、私を待っている間にビルのテナントに入った店のショーウィンドウに飾られた、来シーズンの洋服たち。
フランソワーズはマネキンが着ている服がとても気に入ったようで、島村っちに指を指して何かを言ってたのよ。

「綺麗な色・・・素敵なスカートね」
「・・・・」
「私にはちょっと暗いからしら?あの色・・・でも裾がほら、3重になってるのが素敵!」
「・・・・そうだね」
「あ、でも・・・どうかしら?ちょっと子どもっぽいかしら?」

以前の島村っちならこう言ってたかな?
「キミが好きならいいと思う」「キミだったらなんでも似合う」あたりかしら?

フランソワーズの指が示す、スカートを見てから彼女を見た島村っち。

「似合うと思うけど」
「思うけど?」
「・・・・似たようなの持ってる、よ。キミ。だからこっちのが見たい」
「え?」
「今度、試着しに来よう・・・着て見せて」

あらららら!!あの島村っちが!
自分の意見を言ったわよっっしかも、ちゃんと女の子が喜ぶツボを押さえてます!

なんでも受け身で、NOと言わない便利な子が・・・成長したじゃん!

フランソワーズは島村っちが指したマネキンのスカートを見る。
それは、彼女があまり着ないタイプのもので、ホワイトパール・カラーのシンプルな丈が短めのボックススカート。

「ちょっと、丈が短くない?」
「あれくらいで?・・・・大丈夫だよ、あれくらい」
「・・・・でも太腿が見えるわ」
「水着やバレエのあれに較べたら大丈夫」
「だって街を歩かないもの!」
「見せてもいいよ」
「いやよ」
「俺と一緒のときだけ、な?」
「・・・・」
「自慢したい」
「?」
「フランソワーズの足、俺のだって自慢したい」
「な!!j、ジョー////」


俺?

島村っちが俺?

・・・島村っち、そんな顔で笑えるの?
ちゃんと、笑ってるじゃん!すっごく幸せそうよ、あんた。

そうよ、もっと自信を持ちなよ。
フランソワーズは、あんた以外の男なんて興味ないんだから!

good job島村っち!
今後のあんたが楽しみよv

end.




・言い訳・
こちらは、「099」番のキリリクのために
練習で香奈恵さん視点で書いたものです・・・。
練習作品を出す女それが私。
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。